お知らせサヨナラfc2ブログ
過去記事をすべて持って、新しいブログへ引っ越しました。
http://doll-shoes.blog.jp/
今までありがとうございました。そして、今後ともどうぞよろしくお願いします。_(._.)_
れん@人形靴職人

ドール靴 の靴紐穴(ハトメ穴)は、見えないところで丈夫に補強。

ハトメ補強 靴が小さいだけにパーツも小さく、そのままでは強度的に心許ない部分も出てくるのがドール靴。

だからといって、どこもかしこも頑丈に作れば良いかといえばそうでもなく、その心許なさがミニチュア感や繊細さを醸し出していることも無きにしもあらずです。

相反するようだけど、両立させるには要所毎に的確な対応をすることが大事。
補強すべきは補強すべし。それ以外はらしさを優先。
その辺のさじ加減がドール靴の制作には不可欠なんだと思っています。

革を折り込む。― 刻み、菊寄せ、ヘリ返し。

ミシンかけ 裁断漉き→貼り と進んだので、今回は折り込みです。レザークラフト的にはヘリ返しといいますが、靴作りでは折り込みと呼びます。何故でしょうねぇ?
それはさておき、折り込みの前にゴム糊で仮止めしてあったパーツにミシンを掛けました。端から1ミリ位の所を落っこちないように息を止めて。(笑)
一旦ミシンをかけると針穴が開いてしまうので、革の縫製は縫い直しが出来ません。なので失敗しないよう慎重に、ゆっくりと、崖っぷちを歩くように…。

ミニチュア靴 と、ミニチュア靴 のミニチュア。― SD17 と 幼サイズのドール靴を作ります。

大きい男の子と、小さい子用の靴を作り始めました。
SDで言うところの17と幼サイズです。
靴の木型だけで並べると、ミニチュア靴と、そのミニチュアみたいに思えてきます。僕だけか?
なのでドール靴の方も、兄貴の靴と、それを真似たオマセな子供たちの靴。みたいな感じで作ろうと思っています。
投稿日 2014/02/04 |カテゴリ 人形靴 制作記|作り方、基本テク。 |コメント (-) 拍手
タグ 幼SD SD17 お問合せ

SDシリーズ17、13、Gr 向けメンズドール靴 3兄弟が旅立って…。

Men’s shoes by RENSROOM (SD13/17) « Mai Little Alien

『Men’s shoes by RENSROOM (SD13/17) 』
by Mai Little Alien


SD13/17少年用の最新靴、3兄弟がお婿入りしました。
嬉しいコメントと綺麗な写真で、お嫁さん?がブログ記事を書いてくださいましたのでご紹介しておきます。
僕が四の五の言うよりも、やっぱり大事な生の声。
是非ご覧下さいませ。<(_ _)>

こう見えてもドール靴!― SD17 用のペニーローファーを作りました。

SD17用ローファー1 ◆靴の種類:スリッポン|ローファー
◆使用素材:牛革
◆サイズ:約98mm
◆対象:SD17
スーパードルフィー®(ボークス)
投稿日 2013/01/24 |カテゴリ 人形靴 完成品個別紹介。 |コメント (-) 拍手
タグ SD17 お問合せ

手縫いモカ。目面を綺麗に仕上げる工夫。

つまみモカ(すくいモカ) SD17サイズでメンズローファーを作っています。
ローファーと聞くと学生靴の印象が(筆者には)強いのですが、今回は少し大人っぽく仕上げたいと思っています。なのでローファーにも色々と種類はありますが、中でも品の良い、つまみモカというスタイルを採用しました。
余談ですが、つまみモカは革をつまむようにして縫うことに由来していますが、革をすくうようでもあるために、すくいモカと呼ばれる事もあります。

【SD17】 見た目も中身も大事!イケてる靴の条件。

SD17 靴木型 スーパードルフィー®系では一番大きな足?
SD17の靴木型が出来上がりました。
先回作った幼サイズの木型と比べると、足長(踵から爪先までの寸法)で約二倍。木型の状態で約9センチなので、靴になる頃には10センチ位になるでしょうか。ちょっとしたベビーシューズにも迫る大きさですね。人形は手元にいませんが、靴の大きさから察するに、だいぶ大きな個体なんだろうと想像します。
Copyright© 2008 人形靴を作っている人のブログ。 All right reserved. (掲載写真・イラスト・文章等の無断転載を禁じます。) プライバシーポリシー Powered by FC2ブログ まとめ
「人形靴を作っている人のブログは、amazon.co.jpを宣伝しリンクすることによってサイトが紹介料を獲得できる手段を提供することを目的に設定されたアフィリエイト宣伝プログラムである、Amazonアソシエイト・プログラムの参加者です。」
結婚相談所や結婚恋愛出会い系サイト